HOME > イラク石油労働者連帯ツアー(賛同協力のお願い)

2013ツアー見出し.png

イラク・バスラ石油労働者連帯!全国ツアー

賛同協力のお願い

日本政府・グローバル資本の石油略奪を許さず、イラク戦争検証を実現させよう。

2013年3月、イラク戦争から10年を迎えます。100万人以上もの犠牲者を出した戦争と占領に続き、占領が生み出したマリキ腐敗政権によって、水も電気も、下水も道路も、学校も病院もないという悲惨な状況がイラクでつくられています。
 さらにグローバル資本は着々とイラクの石油の利権の獲得を進めています。サマワに自衛隊を進駐させた日本は、サマワ近くの油田の採掘契約をし、「石油のための戦争」による「戦利品」を獲得しようとしています。 
 2013年1月、イラク南部石油の町・バスラで労働者の先頭に立って闘っているアブ・ワタンさんを招いて全国ツアーを開催します。
イラクの石油労働者は外国資本による石油略奪を許さず、不当解雇や賃下げ攻撃と闘っています。イラクに人間らしい生活を取り戻すための闘いの中心を石油労働組合が担っているのです。
しかし、マリキ政権は労働組合を認めないというフセイン時代の法令を引き継いで弾圧を繰り返しています。
 全国ツアーを成功させ、イラクの石油略奪を許さず、日本の戦争責任を問う“イラク戦争検証委員会”の設置を実現するために賛同のご協力をお願いします。全国ツアー(交通費、宿泊費、通訳など)の予算を150万円としています。ぜひご協力をお願いいたします。   

個人 賛同 1口 2000円  
団体 賛同 1口 4000円 

振込先

郵便口座番号 00990-1-272324  
口座名称 メディアスタジオSANA

賛同協力の申し込み・問い合わせはこちらから


FAXにてお申し込みの方はこちらから用紙をダウンロードしてください。

送り先:FAX 06-7493-0230(イラク平和テレビ局inJapan)
LinkIcon賛同FAX申込用紙


ページの先頭へ