戦争にノー!ストップ!安倍政権


2018年10月2日

東アジアの平和の動きに逆行し緊張をあおる安倍内閣


1.自衛隊が南シナ海で極秘訓練を実施

2018-08海上自衛隊訓練8716d2b7.jpg
くろしおが訓練した海域


  • 8/27 海自潜水艦「くろしお」、護衛艦「かが」(空母。自衛隊保有の最大の艦船)「いなづま」「すずつき」の計4隻が海自呉基地(広島県)を出港。東シナ海から台湾、フィリピン間のバシー海峡を通って南シナ海に

潜水艦「くろしお」.jpg
 くろしお


空母「かが」・自衛隊最大の艦艇 建造費1150億円sty1809170008-f1.jpg
かが


  • 9/13 対潜水艦戦を想定した訓練を実施…米軍航空母艦およびフィリピン艦艇との共同訓練

2018-09-自衛隊空母「かが」と潜水艦「くろしお」が南シナ海で軍事訓練2a0490b510d6c9fa5a42c50eb850e9f2.jpg
自衛隊空母「かが」と潜水艦「くろしお」が南シナ海で軍事訓練




2.中国・朝鮮が反発

  • 9/17 中国外務省の耿爽報道官…南シナ海の領有権をめぐってはASEAN(東南アジア諸国連合)加盟諸国との「話し合い」が続いているが、情勢は「安定している」
    • 「域外の関係国は、地域の国々が対話を通じて平和的に南シナ海問題を解決しようとしている努力を尊重し、地域の平和と安定を損なうことはすべきではない」
  • 朝鮮…海上自衛隊がアジア太平洋地域で米海軍と合同で訓練を実施したことを、中国と共に強く非難。朝鮮中央通信…「日本は平和を破壊した行為の代償を払うべきだ」



3.9/18 報道・多国籍監視軍に陸自隊員の派遣検討(政府筋)

  • エジプト東部のシナイ半島でイスラエル、エジプト両軍の活動を監視している多国籍監視軍(MFO)に陸上自衛隊員2人の派遣を検討
  • MFO…四次にわたる中東戦争の後、エジプトとイスラエルが締結した平和条約(1979年)に付属する議定書に基づいて創設。国境地帯の平和維持を目的とし、両国軍の展開状況、活動、停戦の監視が主な任務。イタリアに本部があり、半島の北部と南部に監視拠点がある。2017年の時点で、米英などから約1160人が派遣

dims.jpg
MFO(多国籍監視軍)の監視拠点


  • 政府が派遣の根拠と想定…安保法の成立で可能になった新任務「国際連携平和安全活動」
    • 国連が統括する平和維持活動(PKO)でなくても、任務の内容がPKOに類する国際的な活動であれば自衛隊を派遣できる


4.9/27 日米が南シナ海・東シナ海で軍事演習

  • 自衛隊…「日米共同対処能力と戦術機能向上のために、東シナ海と日本海(東海)でB52と航空自衛隊の戦闘機16台が合同演習を行った」
    • グアムのアンダーソン基地を離陸したB52戦闘機1台が東シナ海で航空自衛隊のF15戦闘機4台と編隊飛行。その後、B52は東海方向の日本の西部へと北上し、航空自衛隊の他の戦闘機と共に飛行。福岡県築城基地や石川県小松基地、北海道の千歳基地からそれぞれ4台のF1が次々とB52に追い付いて飛行を続けた

2018-09米軍のB52戦略爆撃機と編隊飛行する自衛隊機153817002776_20180929.jpg
米軍のB52戦略爆撃機と編隊飛行する自衛隊機


  • 小野寺五典防衛相…「今回の訓練で日米の連携強化が図れ、その絆を示すことは、地域の安定化に向けた日本の意志と高い能力を示す効果がある」と述べた






ページの先頭へ