戦争にノー!ストップ!安倍政権


2018年3月13日

朝鮮半島への軍事圧力の策動が破綻
―窮地に陥った安倍政権―


1.3/6 安倍晋三首相

  • 訪米中の河井克行自民党総裁外交特別補佐に対し、朝鮮による「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化に向けたコミットメント(約束)」が必要だと米側に伝え「当面は圧力を高めつつ、各国と連携して状況を見極める」という日本政府の立場を発信するよう指示



2.3/7 菅義偉官房長官

  • (南北首脳会談は)「対話のための対話では意味がない」、「日米韓で協力し、北朝鮮に核・ミサイル計画を放棄させるため、あらゆる方法で圧力を最大限まで高めていく」
  • 政府高官…「韓国側が南北首脳会談に応じたタイミングは早すぎる。もう一押しすれば北朝鮮の非核化など取れる成果があったはずだ」



3.3/9 安倍・トランプ電話協議

  • 「北朝鮮が非核化を前提に話し合いを始めると申し出た。この北朝鮮の変化を評価する」、「日米が国際社会とともに高度な圧力をかけ続けてきた成果だ」
  • 「核・ミサイルの完全、検証可能かつ不可逆的な形での放棄に向け、北朝鮮が具体的な行動を取るまで最大限の圧力をかけていく」
  • ➝安倍は4月に米国を訪問する



4.3/9 河野太郎外相

  • 「制裁が効力を発している大きな現れで、それを北朝鮮が認めつつあるということだ。そういう意味で一歩前進した」、「北朝鮮が仮にだましたとしても、北朝鮮が得るものは何もない。ただ口で非核化と言っているだけだと(米国が)判断すればそこで対話は打ち切られる」
  • 「今まではそうしたそぶりさえ見られなかった北朝鮮が、制裁の影響でそのように言い出したということは、非核化に向けた具体的行動につながりうると評価した」






ページの先頭へ