戦争にノー!ストップ!安倍政権


2018年1月9日

1.1/4安倍首相年頭記者会見

  • 「…遠く離れた海の大動脈、アデン湾で海賊から世界の船を守る諸君がいます。海上保安庁の諸君は、そして自衛隊、24時間態勢で我が国の領土、領海、領空を守るため、今、この瞬間も全力で任務に当たっています。そして日本海に展開するイージス艦の上で、また、それぞれの基地で北の空をにらみながら、北朝鮮の脅威に備える自衛隊の諸君。その強い使命感に、そして責任感に対して、改めて敬意を表したいと思います」
  • 「昨年、北朝鮮は、核・ミサイルによる挑発行動を一方的にエスカレートさせました。我が国を取り巻く安全保障環境は、戦後最も厳しいと言っても過言ではありません。いかなる事態にあっても、国民の命と平和な暮らしは守り抜く
  • 「従来の延長線上ではなく、国民を守るために真に必要な防衛力の強化に取り組んでまいります」
  • 「この国の形、理想の姿を示すものは憲法であります。戌年の今年こそ、新しい時代への希望を生み出すような憲法のあるべき姿を国民にしっかりと提示し、憲法改正に向けた国民的な議論を一層深めていく。自由民主党総裁として、私はそのような1年にしたいと考えております」

防衛費の推移.jpg


2.1/5 安倍首相、与党に名護市長選協力要請=政府・与党連絡会議

  • 安倍首相…名護市長選(2月4日投開票)について「自民党総裁として、よろしくお願いしたい」「普天間周辺の防音対策は1万戸近い住居に講じているが、辺野古に移ればゼロになる。沖縄県民 の皆さんには十分知られていない」 
  • 自民党・二階俊博幹事長「政府・与党一体となって取り組みたい」
  • 公明党・井上義久幹事長「連携して勝ち抜きたい」


3.日本・韓国・米国の反戦平和勢力が勝ち取った南北高官級会談

  • 日本の戦争法と沖縄・南西諸島基地建設反対の闘い、改憲反対運動、韓国の星州(ソンジュ)THAAD配備反対運動、済州(済州)基地反対運動、アメリカの核戦争策動を許さずトランプ政権打倒をめざす運動が、米国・朝鮮の核戦争挑発策動に立ちはだかり、平昌(ピョンチャン)オリンピックへの朝鮮の参加、米韓合同軍事演習の延期、そして1月9日南北高官級会談を勝ち取った。日米韓反戦平和勢力の大きな成果だ。


4.世界の平和追求の趨勢から孤立する安倍政権を倒そう

  • 安倍首相は1月4日に年頭記者会見で「北朝鮮は、核・ミサイルによる挑発行動を一方的にエスカレートさせました」と言い放った。しかしまさにこの日、文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領とトランプ大統領が電話会談をして、トランプでさえ米韓合同演習の延期を認め、南北会談について「良いことだ」と表明をせざるを得なかったのである。1月9日には南北高級会談が開催される。
  • 日本軍「慰安婦」問題でも日韓合意の非公開部分が公開され、安倍政権が被害者の意思を踏みにじってこの問題を「決着済み」と使用とした事実が明らかになった。文在寅大統領は被害者の元日本軍「慰安婦」に謝罪している。侵略戦争責任を抹消しようとした安倍政権の策動は破綻に追いやられている。
  • 安倍は核戦争と軍事対立回避のこの大きな動きに全く敵対し、さらに孤立している姿を内外にさらしたことにより、朝鮮核危機を利用して戦争と憲法改悪を進める本性が明らかになった。安倍こそが朝鮮核危機をあおり戦争を狙っていることを今こそ暴露し、追い詰めるチャンスだ。改憲を許さない3000万人署名を大きく広げよう。






ページの先頭へ