2016年12月6日

1.モスル攻防戦

・11/23 イラク作戦司令部が政府軍率いる部隊がモスルを完全に包囲したと発表

イラク軍や民兵組織でつくる人民武装軍団(PMU)


2.11月のイラク軍の損害

・イラク軍兵士の死者は約2000人…10月から3倍近くに増えた

・深く潜伏するISISの戦闘員に対し、通りごとに戦闘を展開


3.市民の被害

モスル難民
モスル難民
モスル難民

・11/22 国連人道問題調整事務所(OCHA)声明

モスルの奪還作戦が始まった10月17日以降「6万8550人が家から逃れ、人道支援を必要としている」

・11/24 バグダッドの南方約100キロのヒッラーで自爆攻撃

爆発物を積んだトラックによる自爆攻撃で約100人が死亡、犠牲者の大半はシーア派の巡礼者で、聖地カルバラでの行事からイランに戻る途中だった

「イスラム国」(IS)が犯行声明

・11月、テロや暴力などにより民間人900人あまりが死亡、930人が負傷

・国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)…戦闘により7万6000人が避難、モスル市内にとどまる住民ら少なくとも50万人は水道を使用できない

過去のニュース