2016年10月17日

1.イラク軍 イスラム国(IS)最大拠点のモスル奪還へ 近く軍事作戦

・6月、中部の都市ファルージャを取り返した


2.イラクで米主導の有志連合が誤爆か、対IS戦参加の民兵21人死亡

・イモスル近郊で、イラク政府軍と共に「イスラム国(IS)」と戦っていたスンニ派民兵21人が空爆を受けて死亡

・10/5 米軍は米主導の有志連合による誤爆の可能性について調査を開始


3.10/14 ロシア、シリア無期限駐留協定に署名

・プーチン大統領がシリアのアサド政権支援の空爆作戦の拠点としている北西部のヘメイミーム基地をロシア軍が無償、無期限で使用するための両国間の協定に署名


4.10/15 シリア停戦目指し米ロなど関係国協議

・スイスで外相級の会議を開催

・米国国務省トナー副報道官「突破口が開けるかはわからないが、多国間の枠組みで努力したい」

・ロシアのラブロフ外相「停戦などの合意の順守に向けて、欧米のパートナーたちが歩み寄るようには見えない。特に期待していない」


5.シリア内戦で民間人を殺している「空爆」…シリア人権ネットワーク(SNHR)など

(1)9月は1176人の民間人が死亡…シリア人権ネットワーク(SNHR)

・「政権軍」 602人(51%) 子供192人、女性163人

・「ロシア軍」 391人(33%) 子供114人、女性54人

・「イスラム国(IS)」 99人(8%) 子供17人、女性5人

・「反体制武装組織」 38人(3%) 子供19人、女性6人

・「有志連合」 14人(1%) 子供6人、女性2人

・「シリア・ファトフ戦線」1人(0%)

・「クルド人組織」 2人(0%)

・その他・不明  29人(2%)

(2)過去1年間のロシアの空爆ロシア軍の空爆で計9364人が死亡

・シリア人権監視団(SOHR)…民間人が3804人(うち子供が906人、女性561人)▽IS戦士が2746人▽その他反体制戦士2814人

・シリア人権ネットワーク(SNHR)…民間人の死者計3264人、子供911人、女性619人

(3)米軍が主導し、フランス軍も積極的に参加する有志連合の空爆

・イラク側で2014年8月から、シリア側では9月から始まった

・SNHRの集計…誤爆や巻き添えによって、これまでに約600人の民間人の死者

過去のニュース