イラク・中東での新たな戦争にNO!
平和で民主的な社会をめざすイラクの市民・労働者と連帯しよう!
イラク・市民連帯基金の訴え

■募金にご協力ください。

2017年9月25日、イラク北部のクルディスタンでイラクからの独立の賛否を問う住民投票が実施され、有権者数約460万人の73%が投票し賛成票が93%を占めました。


しかし、イラクのアバディ首相は「住民投票の結果は無効だ。イラク政府は今回の結果に基づく交渉には一切応じない」と主張してクルディスタンにイラク軍を派兵し、クルディスタン自治政府のペシュメルガ部隊との戦闘を引き起こしました。すでにキルクークから住民10万人が避難しています。


米国のトランプ政権、トルコ、イランなどの各国政府も独立に反対し、軍事介入を狙っています。グローバル資本はこの地域の豊富な石油利権を確保したいのです。IS(「イスラム国」)を口実にした戦闘がまだ続く中で、イラク・中東地域でまたもやグローバル資本による内戦と介入戦争の危機が高まっています。


この事態に対してイラク労働者共産党とクルディスタン労働者共産党は、「クルディスタン地域に対する戦争の開始となる経済封鎖」に反対し、「クルディスタンに対する軍隊の進軍を止めるために大規模な大衆運動を」を呼びかけています。それは民族や宗教や宗派による民衆の分断を許さず、「市民と平和的な共生を基にした社会関係を強化」することをめざす闘いです。


日本政府は2003年のイラク戦争以来、約6000億円の経済援助をイラク政府に与え、民衆抑圧と軍事支配を支えてきました。安倍政権にアバディ政権支援をやめさせ、クルディスタン、イラクの平和で民主的な社会をめざす闘いに連帯しましょう。


イラクの市民・労働者はこの闘いを進めるために戦争と石油権益争いに反対する闘いへの支援を世界の市民に呼びかけています。私たちもイラク・市民連帯基金の募金運動を1万ドル(120万円)を目標にして進め、この訴えに応えていきたいと思います。この募金運動を成功させるために最大限のご協力をお願いいたします。

イラク平和テレビ局 in Japan

TEL:06-7493-0230

E-mail:info@peacetv.jp


【資料】 クルディスタン住民投票後の住民に対する威嚇について




■賛同カンパ 1口 10000円   (少額のカンパも歓迎します)



■賛同カンパの送金方法 (以下の口座に振り込むか直接スタッフにお渡し下さい)

[郵便振替]

郵便振替口座番号 00140-5-389641

口座名義:イラク市民レジスタンス連帯委員会

[銀行振込]

三菱東京UFJ銀行 阿部野橋支店 普通 4500578

口座名義:イラク市民レジスタンス連帯委員会



イラク平和テレビ局 in Japan

  • 〒540-0004
    大阪市中央区玉造2丁目26-70 ニエモンビル1階
    TEL:06-7493-0230
    FAX:06-7493-0230
    E-mail: info@peacetv.jp