イラク平和テレビ局 in Japan

| HOME | サンプル映像(労働者) |

毎週、サナ衛星テレビの番組をお届けします! あなたもぜひサポーターになってください!

サンプル映像一覧

Flash Videonavigation-000-white.png 映像はすべてFlash Video です。
navigation-000-white.png サンプル映像は、フレームサイズ:320X240 pixcels、1分~3分です。
navigation-000-white.png 有料配信映像は、フレームサイズ:640X480 pixels、6分~20分となっています。

立ち上がる労働者

2009年4月18日配信

失業者に労働組合を-バグダッド・タヤラーン広場

Jaris FLV Player

Alternative content

Get Adobe Flash player


2008年12月、多数の失業者が集まるバグダッドのタヤラーン広場で、サナテレビが失業者に対するインタビューを行いました。

イラク占領は、多くの人々の命を奪い、傷つけました。
そして数千の工場を操業停止に追い込みました。
傀儡政権のもとで民営化が進み、労働者が次々に仕事を失いました。
この番組は、イラク占領が生み出した大量失業の苦しみを伝えるとともに、労働組合結成を呼びかけています。

アボ・モハンマドさんは武装勢力の爆弾攻撃によって足を負傷しています。
このような人に政府は「30歳を過ぎているからいらない」と冷たく言い渡したのです。
モハンマド・バーデさんは州政府に失業保険を申請しても「おまえ達は若いから何も出さない。」、「仕事に行けるじゃないか」と拒否されました。
83歳の老人も、何度も就職の申込書を提出したのに仕事がありません。

アザブ・コディール・アッバスさんは、安全がなく、仕事がないのは「もちろん全ての原因はアメリカ軍です」と告発します。

LinkIcon参考情報

2008年8月9日配信

バグダッドから世界へ~イラクのメーデー2008(短縮版)

Jaris FLV Player

Alternative content

Get Adobe Flash player


映像はまずバグダッド郊外のドーラ市役所のメーデー集会でのインタビューから始まります。
女性労働者も多数出てきますが、若い労働者の多くは臨時雇用で、安定した雇用状態ではありません。グローバル資本による労働者の権利抑圧は占領下イラクでも非常に顕著です。

また、バグダッドのタハリール(解放)広場でのメーデー集会では、太鼓の音が流れ、労働者が生き生きと踊っています。本当にメーデーを喜んでいることが映像を通じて分かります。
この集会は武装勢力による爆弾が仕掛けられるという極めて危険な中で遂行された勇気ある大衆行動です。

2007年11月17日配信

石油法反対行動(2007年9月3日、バグダッド)
ナシリヤ州・ジカールの風景

Jaris FLV Player

Alternative content

Get Adobe Flash player