イラク平和テレビ局 in Japan

| HOME | サンプル映像(文化・芸術) |

毎週、サナ衛星テレビの番組をお届けします! あなたもぜひサポーターになってください!

サンプル映像一覧

Flash Videonavigation-000-white.png 映像はすべてFlash Video です。
navigation-000-white.png サンプル映像は、フレームサイズ:320X240 pixcels、1分~3分です。
navigation-000-white.png 有料配信映像は、フレームサイズ:640X480 pixels、6分~20分となっています。

文化・芸術

2008年10月25日配信

クルド地方で開かれた風刺画展

Jaris FLV Player

Alternative content

Get Adobe Flash player


今回はイラク平和テレビ局 in Japanとしては初めての、クルド語によるサナ衛星テレビのインタビュー番組です。イラクのクルド地方で開かれた風刺画展のインタビューを中心にお伝えします。

イラク北部のクルド地方(クルディスタン)はクルド民族が人口の大多数を占め、イラクの全人口の4分の1程度になります。クルド民族はイラクのみならず、トルコやイランにも多数居住しています。中東各地に住むクルド民族の総数は3000万人とされ、その影響力を恐れた各国政府が弾圧政策を取ってきました。

イラクではクルド地方政府を支配するPUK(クルド愛国同盟)とKDP(クルド民主党)がフセイン政権末期からアメリカとつながり、アメリカのイラク占領を支持してきました。彼らは膨大な石油利権を私物化し、労働組合やIFCなどの民主的な運動を弾圧しながら人々を支配してきたのです。

スレイマニア美術館では、広い展示会場に多数の風刺画が展示されます。風刺画展は題して「ナクィザ」、直訳すると「釘の先っぽにしがみつく」で、釘の先で家畜を追っていたような大昔の極めて緩慢なやり方で、失業や人権の問題で大変な目に遭っているイラク民衆の生活改善を遅々として進めないクルド地方政府のあり方を皮肉っています。

2008年3月29日配信

サナテレビの音楽番組

Jaris FLV Player

Alternative content

Get Adobe Flash player


今回初めて、サナテレビの音楽番組に字幕を付けてお届けします。歌うのはイラクの国民的歌手、カーディム・アッサーヒルです。
映像は、イラクを占領する外国兵士を不安な表情で見る少年の表情から始まります。そしてイラク占領の下で進む殺戮や破壊、女性を抑圧し罪のない人々を投獄する牢獄を思い起こさせる場面が続きます。
アッサーヒルはその豊かな歌唱力によって、不当な占領を受けている人々の怒りを歌い上げます。