イラク平和テレビ局 in Japan

| HOME | サンプル映像(最新映像) |

毎週、サナ衛星テレビの番組をお届けします! あなたもぜひサポーターになってください!

サンプル映像一覧

Flash Videonavigation-000-white.png 映像はすべてFlash Video です。
navigation-000-white.png サンプル映像は、フレームサイズ:320X240 pixcels、1分~3分です。
navigation-000-white.png 有料配信映像は、フレームサイズ:640X480 pixels、6分~20分となっています。

プレーヤーの操作説明


番組視聴者からの感想

最新サンプル映像

2019年3月23日配信

イラクの社会サービスはどこへ行った?

Jaris FLV Player

Alternative content

Get Adobe Flash player


イラクには政府があり、議会があり、行政機関があります。
ところが社会サービスは崩壊しています。
首都バグダッドでさえ、雨が降ったら排水されずに泥沼状態になります。
一体どうなっているのでしょうか?
2019年1月、サナテレビがバグダッドの市民に意見を求めてインタビューを行いました。



LinkIcon参考情報

2019年3月16日配信

イラクの未来を築くのは若者だ

Jaris FLV Player

Alternative content

Get Adobe Flash player


イラクでは米国やイランなどの外国からの介入を受け、汚職だらけの政府の下で社会福祉も教育も崩壊状態です。
しかしその中で大きな展望があります。それはイラクの若者です。
2019年1月、サナテレビは新しい年を迎えるにあたって市民に、若者に対するメッセージを語ってもらいました。



LinkIcon参考情報

2019年3月9日配信

沖縄辺野古新基地NO!全国市民投票

Jaris FLV Player

Alternative content

Get Adobe Flash player



2019年2月24日、米軍基地建設のための辺野古埋め立ての賛否を問う沖縄県民投票が実施され、反対票は72.15%で43万票を越え大きな成功を収めました。
ZENKO(平和と民主主義をめざす全国交歓会)は沖縄県民投票に連帯し、同じ2月24日に全国で市民投票を呼びかけ、全国150か所で街頭投票が実施されました。



LinkIcon参考情報

2019年3月2日配信

イラク市民と外国からの干渉

Jaris FLV Player

Alternative content

Get Adobe Flash player



2003年の米軍による占領以来、イラクは常に米国やイランなどの外国から国内問題への干渉を受けてきました。
しかし、その結果、市民の暮らしは良くなったのでしょうか?
イラク市民は決してそうは考えていません。
2018年1月、サナテレビはバグダッド市民にインタビューを行ない、意見を聞きました。



LinkIcon参考情報

2019年2月23日配信

イラク中央銀行の資金を盗んだのは誰だ?

Jaris FLV Player

Alternative content

Get Adobe Flash player



2018年11月、イラク中央銀行の金庫に地下水が流入して70億ディナール(約6億5000万円)の紙幣が破損したと発表されました。
ところが実際には政治家と銀行の幹部がこの資金を着服していたのです。
サナテレビはこの汚職事件について市民にインタビューを行い、人々の怒りを伝えました。




LinkIcon参考情報