アメリカ帰還兵IVAWイラクに誓う

鑑賞者1万人連続上映会

作品紹介

アメリカ帰還兵(IVAW)イラクに誓う
アメリカ帰還兵IVAW イラクに誓う

「許しを請うのではなく……」
「イラクの人々と直接連帯できることがわかった。これをみんなに伝えたい」

 2003年アメリカ陸軍兵士としてイラクに派遣されたアーロン・ヒューズは、そこで多くの不正義と、人間破壊の現場を目の当たりにする。

 2001年9月11日、ニューヨークで起こったテロ事件を見て、T・Jブオノモは「自分たちの国が攻撃されている、米国を守らなければならない」と軍隊に入隊する。が、イラク戦争に反対の声を上げ2007年除隊させられる。

 IVAW(反戦イラク帰還兵の会)で活動していた彼らが、2009年3月再びイラクを訪れた。抑圧者ではなく、この戦争と占領を終わらせるため、イラクそして世界の人々とともに歩んでゆく決意を、イラク国際労働者大会の壇上で彼らは語る。

 元占領軍兵士のことばは、イラクの人々にどのように響くのだろうか。

 IVAWの新しい歩みの始まりの予感が……。

関連サイト 関連サイト: IVAW(反戦イラク帰還兵の会)のWebサイト

予告編

上映スケジュール

関西での上映

  • 上映作品上映作品
    • 『アメリカ帰還兵(IVAW)イラクに誓う』(制作:マブイ・シネコープ)
  • 上映作品同時上映
    • ・『イラク 占領に立ちむかう~真実を映す民衆のメディア・サナテレビ』(制作:イラク平和テレビ局 in Japan)
  • 上映作品参加費
    • 大人:前売 800円/当日 1000円、65歳以上・学生・障がい者 500円(前売・当日共通)
7/10(土)
・時間:13:30
(近鉄奈良駅下車5分)
・最新イラク現地報告(報告:週刊MDS 記者 豊田護氏)
7/10(土)
・時間:14:00
(JR 茨木駅・阪急茨木市駅からバスで中央図書前下車スグ)
7/11(日)
・時間:14:00
・会場:とよなか男女共同参画推進センターすてっぷセミナー室1A( エトレ5階)
(阪急豊中駅下車すぐ)
・最新イラク現地報告(報告:週刊MDS 記者 豊田護氏)
7/17(土)
・時間:14:00
・会場:クレオ大阪東研修室
( JR 環状線京橋駅南口下車徒歩7分)
・最新イラク現地報告(報告:週刊MDS 記者 豊田護氏)
7/17(土)
・時間:14:00、17:00
( JR環状線玉造駅、地下鉄鶴見緑地線玉造駅①番出口上がる徒歩5分)
7/18(日)
・時間:14:00
・会場:栂文化会館
( 泉北高速鉄道「栂・美木多」駅下車すぐ)
・最新イラク現地報告(報告:週刊MDS 記者 豊田護氏)


私も推薦します



藤本幸久氏
藤本幸久氏
土屋トカチ氏
土屋トカチ氏
伊藤成彦氏
伊藤成彦氏
土屋豊氏
土屋豊氏
堤未果氏
堤未果氏

鑑賞者の声


鑑賞者の声
鑑賞者の声
鑑賞者の声
鑑賞者の声
鑑賞者の声
鑑賞者の声
鑑賞者の声