イラク 占領に立ちむかう

作品紹介

flyer_201601_f.jpgflyer_201601_b.jpg



『君は誰に銃口を向けるのかー殺し殺される戦争法はいらないー

(制作:イラク平和テレビ局 in Japan / 2016年1月 / 36分)


解 説

 安倍政権は2015年9月19日未明、戦争法案を強行採決しました。国会周辺では数ヶ月に渡り、数万人が連日戦争法の廃案を求め、デモを行いました。さらに2016年の今、全国で戦争法廃止の運動が広がっています。

 この映像は、戦争法とは何か、なぜ憲法違反なのか、そして戦争をする狙いを明らかにします。海外派兵はグローバル資本の利権獲得が狙いです。そのことを日本の自衛隊も参加したイラク占領などから示します。占領に屈することなく権利獲得のために闘い続けてきたイラク石油労働者の姿も見ていただきます。

 さらに軍隊と戦争がいかに人間性を破壊するものなのかを米軍の元海兵隊員でイラク占領に従軍したIVAW(反戦イラク帰還兵の会)の人たちに語ってもらいます。

 自衛隊はジブチや南スーダンに派兵され、実際に武力行使がねらわれています。若者には経済的「徴兵制」の動きが強められています。「殺し、殺される」国作りが進められる中で、全ての市民に戦争法を廃止する運動を広げるために多くの人に見ていただきたいと思います。

作品紹介

  • ■2月20日(土)
  •   滋賀上映会 18:00 大津市生涯学習センター4F 視聴覚室
  •                     参加費 500円  (京阪膳所本町駅より湖岸へ徒歩7分)

                        詳細は http://sig2senman.exblog.jp/22298190/ まで


  • ■3月 6日(日)
  •   寝屋川上映会 10:00~12:00 ふらっとねやがわ会議室(京阪香里園駅徒歩2分)
  •   (平和をめざす寝屋川市民の会第18回学習会)