Banner_NoWar.png

2018年3月2日

トランプにNO!


1.2/14 高校で乱射事件

  • 米国フロリダ州パークランドのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で、以前同校を退学したニコラス・クルーズ(19歳)が乱射事件、生徒14人、学校教職員3人の合計17人が死亡

wor18022121280026-p1.jpg



20180216054410.png

銃が関係した事件は2018年になっても、連日のように起きている!



cf4f4_1351_f9b3d0bd_c6ef5d9a.jpg

2018年に入ってから、米ではすでに18件の銃に関係する事件が学校やその周辺で起きている



2.2/22 トランプ大統領

  • 「(教師が銃を持っていれば)銃撃事件は起こらない。なぜなら犯人は臆病だからだ。学校を銃撃しようとするやからは、教師の2割が銃を持っていれば敷地に入ってこないだろう」
  • 「銃を携行する教職員には、少額のボーナスを出すことを勧めたい」




3.全米ライフル協会(NRA)

  • 大統領選が行われた2016年に5440万ドル(約58億円)を支出
  • 民主党候補ヒラリー・クリントン氏の批判に1980万ドル、トランプ氏の後押しに1140万ドル、激戦州だったフロリダやオハイオ、ウィスコンシンを含む7州の上院選に50万ドル以上




4.2/20 CODEPINK「学校になぜ武器があるのか?」

JORTC_1.jpg



  • 「フロリダの銃撃者であるニコラス・クルーズは高校に在学中、米国陸軍のジュニア予備役将校訓練部隊(JROTC)プログラムによる訓練を受けたのである。
  • 「連邦議会の軍事委員会は学校のジュニア予備役将校訓練部隊課程を止めることができる。連邦議会上院と下院の、マケイン上院議員とソーンベリー下院議員に、学校から兵器を取り上げろと言っていこう!」




5.2/21 300万人の会員を抱える全国教育協会

  • 「銃を学校に増やしても、生徒や教員を守ることはできない。保護者や教員は反対が圧倒的だ」


6.2/22 教員170万人が加入する全米教員連盟のワインガーテン会長

  • 「昨夜6万人の教育関係者と電話集会を開いたが、教師は銃を持つことを望んでいない。我々は勉強を教えたいのだ。いくら教師を訓練しても、AR15(半自動ライフル)には立ち向かえない」
  • 「安全だという幻想を招くだけで、実際はより危険になる」



ページの先頭へ